寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

2011年

銀の匙」は2011年の物語なのだけれど、今回初めて、募金箱という形で震災に触れている。

あの、日本中が何かできないかと焦り、なにがしかを行って己の罪悪感を慰めていた頃。

2011年の日付をたどりながら、荒川弘はしかし漫画家としてはその影響力を行使しなかった。

そして、物語内で半年、リアル世界で1年半が過ぎ、世間の焦燥が薄れたころ。

初めて、本当にさりげなく、この募金箱で震災に触れた。

このコマはとても「よくある景色」 。

だから、震災も、海外の飢饉や災害も、等しく悲劇だが等しく他人事であるのだ、という事実を改めて感じ ました。

逃げないこと、一時の感傷に酔わないこと。

個人の思いとは関係なく世界は流れているということを知り、けれどそれに抗う心は無くさないこと。

銀の匙で描かれていることは、作品そのものもまた体現している。

銀の匙は、漫画家による震災復興応援企画ヒーローズカムバックで唯一、連載中の、「今」の作品。

何故なら荒川弘の代表作が他社版権だから。

でも私は、それは銀の匙が2011年の物語だからだ、と、そうも思っている。

広告を非表示にする