寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

ヒトと夢と

経済動物以下か?

という問いかけはつまり、ヒトはやり直せる生き物だ、ということだ。

逃げることを許され、やり直すことを許される。

そこにヒトと家畜の境界はある。

ということを示した次の回で。

馬たちの幸運なやり直し人生を描くから、銀の匙ってイイんだよなあ~!!

やり直しの無い牛と豚。

愛され許される仔犬。

そして人の気持ちと経済面とで、様々な人生が待つ馬。

ヒトと経済動物との違いは、やり直せるか否か。

じゃあ、ヒトと馬、八軒とマロの境界は?

それは恐らく、人生を己の意志で選べるか否か、になると思う。

夢だけじゃ進めない。

そして金と学歴だけあっても、進めない。モラトリアムにただよう八軒兄のように。

夢とはつまり、己の意志の方向性だ。

夢と金や学歴を、車の両輪に例えるのが面白いよねえ。

舵と推進力に例えたっていいだろうに。

そう、夢に向かって進むために金や学歴があるのなら、それが尽きれば夢も潰える。ではなく。

金や学歴に引っ張られて、夢もまた曲がる。

そんなものだ。

そしてそれでいいんだ。

あーもー、銀の匙って面白いなあ!

ほんっと面白い。

8巻楽しみ。私の一番好きな巻になると思う。

そして9巻の行方もその先も楽しみ!!!

広告を非表示にする