読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

百姓貴族3巻より、タンチョウヅルの話

百姓貴族3巻で、一番皆様にお知らせしたいネタ!!

タンチョウヅルのお話の、取材先です!

 ↓ ↓ ↓

塘路ネイチャーセンター

こちらに、荒川先生がサインを差し上げてるんですね~♪

掲載元はこちら→ ブログ 釧路湿原の壺

やーん、かわいい~v

おまけ絵もかわいい~v

さて、日付を見てみましょう。

2010年7月9日。

そう、アニメ鋼の錬金術師FA最終回&映画化決定で私たちがうわあああー!っとなっていた5日後、荒川先生と旦那さんはこんなところにいらっしゃったのです!

鋼後のインタビューで「アシさんたちと道東を旅行した」とおっしゃってましたが、7月はスクエニ田口さんが台湾への慰安旅行を催行なさっていらしたので、道東は8月頭かと思ってました。

そっかー7月に北と南と、両方行ってたんだ~。

さて、そんなタンチョウヅルのお話のネタが、実はもうひとつ。

「農業景観と野生動物について研究中の修士1年」の、おおくまいさお氏のついーとです。

ちょっと待って

いま百姓貴族3巻読んでるんですが

ちょっと待って

北海道道東部でタンチョウ調査してるって

ちょっと待って

タンチョウ調査でロシア行った教授って

ちょっと待って(滝汗

と慌てた様子に、

帯広畜産大学環境微生物学研究室 より

そうそうF先生です。

とお返事が!

ツイッターの調子からかなり偉い先生であるようなのと、Fから始まる名字は藤か福か古が大多数なので、おそらく帯広畜大名誉教授の藤巻裕蔵氏(Wiki)かと。

荒川先生はどちらの教授かは特定せずにネタになさったようですが(知ってたら似せて描くと思うので)、はからずも関係者がご覧になっていたという。

もしかしたら教授ご本人も読んでらっしゃるかもですね(笑)

.