読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

今週のサンデー銀の匙

物語には、これは作者自身が反映されているのだろうな、と感じるキャラクターが居たりします。

鋼ではイズミ師匠が荒川弘の写し身ともいえるキャラでした。

厳しくて凄くておっかなくて、でもとても優しいひと。

そして銀の匙では。

私が思うに、ひいばあちゃんが荒川弘の写し身なのではないでしょうか!

なつかしいねえ。と、ほのぼのモードで語りつつ、その続きが屠殺しそこなった豚の血ミドロ話。

ひいばあちゃん、絶対、意図的に言ってるよね!

熊嵐検索するなとか言いつつ、検索してみてもいいのよ~という内心の声を隠していない、荒川弘先生と同じニオイを感じますよ!(笑)

皆を優しく見守り、大切なことを諭し、誰にも尊敬される。

しかし畜生どもをひと睨みで撃退するは、ひよっ子どもを昔話でびびらせるわ、実は最強のひいばあちゃん!

彼女も若い頃は相当バリバリだったに違いない!

そう、今の荒川弘のように!!!(爆笑)

本編は相変わらずの、のんびりしているようでみるみる進んでいってる。

グーとグーで格好良く拳合わせるかと思わせて、外す。

このテンポがね。すごく銀の匙だなあ!って思った。

かっこよく無い。予定調和じゃない。

でも何よりかっこよくて、あるべきものがあるべきところへ向かってる。

いつも少年漫画的な熱さに少しだけ距離をおき、でも何よりも少年漫画的な熱さを秘めている。

夕焼けの美しさ。

別に自分が見た景色じゃないのに、どこか懐かしい。

可笑くて笑いながら、かすかな切なさを感じる。

銀の匙はいい漫画だ。

ほんとうに、いい漫画だ。

ずっと一緒に読めてきて、私はすごーく幸せです。

.