読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

荒川アル戦で一番色っぽいキャラは誰だ!

はい!タイトルどおりお馬鹿記事です!

3巻ネタバレちょこっとありまーす。

さあ。荒川弘先生描くアルスラーン戦記、アニメ化も着々と進んでいるようですが、大勢のキャラん中で一番色気のあるキャラって誰だと思います?

だって色気、重要じゃないですか!色気があるから魅かれるんですよイロイロ妄想しちゃうんですよヨダレが垂れちゃ、ゴホンゴホン。

えー。キャラの魅力って重要ですよね!ニコ!

で、雑誌派の皆様は当然に、「一番?そりゃあファランギースでしょう」って思いますよね?

登場人物がカタカナばっかで覚えらんないよ!って方にも分かりやすく言うと、弓の名手の巫女さんです。

「絶世の美女」と声をかけられ「私を呼んだか?」と振り向くあの方です!

ええ。

色っぽいです。色っぽいですとも!

あの黒目がちな瞳!濃い睫毛、塗れた唇、つややかな黒髪!ばいんばいんのおっぱいに、滑らかなお腹に、あの美しい背中!

うおう、そそるぜ!(じゅるり)

で す が !

荒川弘アルスラーン戦記において、彼女の色っぽさは2番目なんです!

え?

なして?

ほかに誰が?

その答えの前に、三番目と四番目に色っぽいキャラをご案内しましょう。

まず、四番目から。

じゃらららららららら・・・ん!(効果音)

タハミーネ様!

はい。アルスラーンのお母上、パルス国王アンドラゴラスの后にして敵国ルシタニアの王様をも虜にした、あの美しい女性でございます。

マンガボックスの期間限定カラー版でご覧になった方はより彼女の色気を感じたことでしょう。

あの衣装、わき腹から腰骨までのところ、肌色なんですよね…そう、あそこは素肌。そこに金のアクセサリーをつけるという衣装。

そう。

荒川弘を知っている、貴方はもうご存知のはず。

荒川弘作品において、色気=露出でございます!

ハガレンウィンリィが、表紙絵を飾るたびに足の露出が増えたのも!

海外へのアンケートにおける、「ニホンのマンガでセクシーな女性キャラトップ10」には誰ひとりとしてランクインしなかった荒川作品ですが、「セクシーな男性キャラ」には見事にアレックス・ルイ・アームストロング少佐がランクインしていたのも!

そうです。荒川弘作品において、色気は露出。

「うなじ」とか「脇」とかみたいなチラリズムより、ばっと清々しく露出。

それも、お腹はあんまりお色気箇所ではありません。

お腹よりおっぱい!おっぱいより太もも!!太ももより背中!!!(リザさあああん!)

そしてそれ以上に!

筋肉です。

はい!荒川弘作品における色気とは、筋肉であります!

ということは。

お分かりですね?

第三位は!

じゃらららららら・・・ん!(効果音)

ダリューンです!!

初登場が背中。背筋から上腕二頭筋・三頭筋がむっきむきに描かれて、この腕をみせつけるためだけに(たぶん)ノースリーブというむっちゃセクシーな衣装設定!

ね?色っぽいでしょう?!!

ちょっと脳内で並べてみてくださいよ。荒川弘絵で。

傾国の美女タハミーネと、パルス最強の騎士ダリューンと。

ほら!

完全にダリューンのほうが色っぽいじゃないですか!!!

さて。

そうなれば、残るは第一位ですね。

うん。ここまでの流れで、もうお分かりですね。そう、今脳内にひらめいたあの方です。

え?思いつかない?

じゃあ、とっときのヒントを。

荒川弘作品における色気とは筋肉

そしてそれを彩る、血糊です。

そーですよ荒川先生お好きじゃないですか!血糊が!

ブシャっと噴出す血しぶきもお好きですが、それ以上に、その血がビシャっと肌に付くところが!擦り傷で汚れた皮膚をドロっとデロっと伝う血糊が、ボタボタと地面に落ちる血溜りが!

画面を引き締めるベタが!

はい!栄えある色っぽいキャラ第一位は!

じゃじゃじゃじゃあーーーん!(効果音)

シャプール万騎長です!

半裸で杭に縛り上げられ血みどろで城壁前に突き出され、味方の矢で殺される、あのシャプールです!

裸!筋肉!血みどろ!

荒川弘先生が大好き要素がてんこ盛りです!

と、言うわけで。

アニメ化されたらアレがカラーで描かれるのか……と、ちょっとドキソワしている、腐れ外道のワタクシでございましたー!

なお、色っぽさ第5位には主人公アルスラーンが入ります。

ここは荒川弘先生の趣味とは関係ありません。

私の趣味です。(言い切った!)

だって、第一話から、ブーツを脱いで裸足を召使にぬぐってもらってるんですよ!

足指ですよ足指!

気づいた瞬間、ああっ!と光が差しました。ええ。彼はエドと同様に裸足にブーツだったのです!

荒川作品において、靴下はパンツ同様に、お色気要素はありません。

白い靴下にモワモワ…と、と言ったら普通はムフフな妄想ですが、荒川作品においては臭いの形容です。

靴下は汚く臭いモノだし、パンツは生活感とか身近さを表すアイテムです。特に縦縞のトランクスは、飲みさしのマグカップや読みかけの本と同じ、身近さ気楽さの象徴です。

色気はゼロ!!

女だってブラジャーをお色気アイテムとしては描かないでしょう?

ウィンリィチューブトップは幼さの残る少女の健康美。色気を描くならリザさんの脇乳とかウィンリィの下乳とかアキの入浴シーンとかソレそのままを。

そう。思わせぶりなアイテムは要らない。

下着なんぞに用は無い。

肝心なのはその中だ!

・・・・・・どうしよう。

この記事どんどん変な…変態な方向へ向かってる。

えっと、言いたいことは、ここでアンドラゴラスが上半身半剥きにされて胸毛どころか腹毛まで描かれちゃったりしちゃったら私の好みでは無くとも荒川弘先生のご趣味だろうからやっぱりお色気ナンバーワンの座を献上しなければならないんだろうかとかそんな。

うん。

もう黙るね。

おしまい。