読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

別マガ アルスラーン戦記 感想!

別マガアルスラーン戦記読みました!

今月は25ページ。

減ページ連載以降、一番多いページ数です!

4巻は9月発売と予告されたけど、1巻あたり175~180ページを7ヶ月で貯めるなら、月25~6ページ要るんですよ。

でも2月,3月とページ数足りなかったので、「アニメで入った新規さんが待てるギリギリとして出版社側が9月を設定したのかなー、そんで無理なら発売延期するのかなー」と思ってました。

でも、この分なら大丈夫かも?巻末には鈴木央先生との対談入るだろうし!

そして来月はまた表紙だそうです!!

嬉しいなあ!22日のサンデー表紙も描くので、月イチでカラーですね!

さて、そんな荒川先生のニュースリリースです。!

『アルスラーン戦記』原作漫画に未登場の新キャラ公開、荒川弘氏がデザイン |マイナビニュース

いやいや、でもさ。

未登場キャラって、安定のモブおっさんなんですけど!(笑)

DSC_1545.jpg

荒川弘先生なら「おっさん100人キャラデお願いします」ってオーダーしても簡単にこなしそうだよね!(爆笑)

止め絵でずらっと並んだ万騎長の中にこのおっさんらが居て、戦いのシーンでチラっと写って終わりなんじゃないかしら?

でも、こんな、まあ言ってみれば些細なことがニュースになるってのは、荒川弘先生の復活をニュースサイトの執筆陣も喜んでくださってるからかも~♪

私にはむしろ、下のがっしりでっぷりしたホディールのキャラデザのがニュース!

「こうしてデザインして誕生したぞ」ってことは、昨年春にアニメ化作業開始して、12月に登場する前に、荒川先生がキャラデをアニメスタッフに流してたってこと。

連載は減らしても、アニメ仕事は進めてたってことなんだなあ。

あと、私は気付けなかったんだけど、本編扉絵左下。

いつも通わせていただいている感想ブログで知りました。

~ Literacy Bar ~ 荒川弘版『アルスラーン戦記』第22章『主のために』感想(ネタバレ有)

「鎧デザイン協力:新妻大輔」

アニメアル戦コンセプトデザインの新妻さんが、「場違いにきらびやかな鎧」をデザインしてたんですね!

丸いお腹を象徴してるし、確かにユニーク。

荒川弘先生はアニメのいいところを取り入れたり、いい仕事に刺激を受けて楽しくなる方なので、こういうのあるって何だか嬉しいですv

それから、キャストのコメントもありました!

アンドラゴラス菅生隆之さん、タハミーネ田中敦子さん、ヴァフリーズ津田英三さん、カーラーン大川透さん。

おそらくいずれ公式HPにも出ると思うのですが、大川さんが「久しぶりに荒川先生原作のアニメ出演」って言ってくれたのは嬉しかったなあ!

さて、今月は先月のほのぼの路線から、起承転結の転へ。

以下、雑誌ネタバレちょこっとあります!

なお、原作小説ネタバレはありませんし、この記事だけ読んでもお話がどうなっているかは分かりません。

ふふふ、コミックス派の皆様はじりじりしながら9月を待つがいい。(ニヤリ)

さあ!今月の一コマです!

エラムがいちいち可愛い!

DSC_1548_201504110816070cc.jpg

DSC_1547.jpg

DSC_1549.jpg

も、ね。

この自慢げな顔。

嬉しそうな顔。

そしてナルサスの心情を慮る表情。

ナルサスのことが大好き!ってのが、すっごい分かります。

もー、なんて可愛いの~!

ピックアップはしませんが、アルスラーンももちろん活躍しています。

今月は凛々しい表情が多くて、アニメのぽやぽや~んでむっちゃ可愛らしい殿下を見たあとなので、「ああ、アルスラーンって男の子なんだなあ」とすっごく思いました。

アルスラーンの乗馬が、お鼻に班のある馬になりまして、これいいですね!

トーンで画面がぼやけないし、馬面だけでアルスラーンがどの位置にいるか分かる。

また、ダリューンも活躍してます。

強くて怖いです…!

特に、1対1の場面、たった2撃で倒す描き方が素晴らしい!

見開き最初のコマ。

尻餅をついた敵と、追い詰めたダリューンの背中の、ややロングの俯瞰カメラ。

ダリューンの背中の美しいこと!

同じ見開きの最後。

1合で敵の剣を跳ね上げる。

剣がコマ外へ斜めにはみ出し、ビリビリと痺れる腕とあいまって、ダリューンの打撃の強さがわかります。

ヒュ、とダリューンが振り上げて、ページめくり。

当然にダリューンが撃つ、ダリューンが勝つと分かっているのに、この衝撃。

縦半分に大きく割ったコマ。

中央より下に敵。剣の横線で更に下に感じさせ、キャラも押しつぶす。

ここで描かれているのは、打撃の「重さ」。

このコマ、ほんと上手い!

そうして、次号どうなる?!な幕切れへ。

原作小説のあの場面がいよいよ描かれるのね!と期待満載です!

来月も楽しみですー!

追記:

拍手ありがとうございます!

はい!アニメのあの演出、良かったですよね!漫画に沿ってエトワールに「親は何をしているの」の台詞を被せ、両親に冷遇されるアルスラーンを描いた上での、市井の子どたちには子どもを守る親がいる、という演出。

でも大丈夫ですよ、阿部監督おっしゃるに、ダリューンアルスラーンの“お母さん”だそうですから!ヴァフリーズじっちゃんやキシュワード伯父さんも、王宮でアルスラーンの帰りを待っていたと思います。やきもきしながら(笑)

拍手ありがとうございます!

え、そんなに盛り盛りしてますか…? うん、してますねw

いやでも、アル戦って銀匙より売れて無いんで、応援しなきゃ!って気持ちがあって(笑)

銀匙は3巻で280万行ったのに、アル戦はアニメ化増刷後でもまだ250。アル戦ガンバレ!

楽しいって言ってもらえて嬉しいv ありがと!