読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

アニメアルスラーン戦記観ました!

おじいちゃーん!(>_<)

ヴァフリーズの最期回として、見せ場たくさん作ってくれました!

ダリューンに殿下を守れと命じた場面を今回に持ってきたのは、こうして1話にまとめるためだったのね。

アンドラゴラスを守って闘う場面、格好良かった!さすがダリューンの伯父!

びゅっと飛んでぶわっと敵兵を倒すシーン、ユパ様!とか叫びました(笑)

ヴァフリーズの強さを描くことで、銀仮面の強さもより強調される。

上手い!

死ぬ場面でアルスラーンを回想のワンカット、ベタだけどいいよね。

ヴァフリーズの思いを強調することで、次回のアルスラーンの悲しみをより大きく。

銀仮面の梶さん、若い!

でも実際ダリューンと同い年。

声はキャラの内面だから、彼の若さゆえの頑なさ必死さが聞けると思うとワクワクです!

モンフェラートの声が渋くてイイ!ボードワンの声との高低もいいし、ボードワンのあっさりと現状を肯定する演技もいい。

シャプールとクバードの場面も原作通り!

クバードを幅広の剣に映すのカッコイイ。

ああ、シャプール…!

その前に、角笛を壊す場面を入れ、カーラーンが指揮系統を混乱させたとナレーションを入れたのは良い原作補完。考えてるねえ。

にしても、ナレーションの声も良いわ~。

シャプールの部下が死ぬシーンは、日5の限界に挑戦!て感じ。

うん、この先は攻城戦と落城、そしてボダンだ。スタッフさんがんばれ!

アルスラーンの、下手な役者では上滑りになってしまう良い子な台詞が、とても自然に演じられていたのがすごく良かった。

小林さんがアルスラーンで良かった。ありがとう!

重苦しい戦場を離脱し、深い森の中へ。

半月は原作小説から漫画のとおり。

エラムきた!

アニメとして見てると、主人公と同い年の子が登場すると何かほっとするよね。

あと、アニメ誌で「美少年」って紹介されてたとき笑っちゃったけど、次回予告とかも作画が丁寧で、美形に描かれてます!そうかアニメのエラムは美少年なんだ。納得!

そしてナルサス登場。いやー、登場だけでニヤニヤしちゃう(笑)

重さは重く、辛さは辛く。けれどそれを翌週には持ち越さない。

ベテラン監督さんのさすがの仕事ぶりです。

あー面白かった!

来週も楽しみですー!