読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

Wings 百姓貴族 読みました!

百姓貴族読みました!

今回は夏ネタです!

DSC_1689.jpg

そういえばこの夏の前半は猛暑だったんですよねえ…。

最近の関東地方は「10月並の気温です」とか、ちょ、今まだ8月!とか天気予報につっこんじゃう肌寒さなもんですから、すっかり忘れておりました。

てか今年の十勝は大変だったんですよ!

クーラー無いお宅ばかりなのに、観測史上最高気温37度とかどんだけ!

その上、お盆の頃に震度4の地震だし、いやあ、大変でした。お疲れさまでございます。

そんな夏バテな牛さんは泌乳量が減るのだそうで、そうか!「搾乳量」は人間が搾る量で、牛が自身で分泌するのは「泌乳量」って言うのね!

また一つ、酪農用語を学びました。いやあ、勉強になるなあ百姓貴族

そんな夏ネタを姉2さん(ご実家近くに住んでて農業の手伝いしてて元バレー部の姉2)とお話なさってるんですが、過去編に出てくるのは姉3さん(やはりご実家近くに住んでる情報通。ひい婆様やお父様の入院の第一報はたいてい姉3)で、なるほど年が1,2コしか離れてないから小学校時代の思い出は姉3とが多いんだなあ、とか思ったり。

銀匙は農業って素晴らしいよね!が全開だけど、百姓貴族は、すっげーきっつい!もー手伝いたくねー!って子どもの頃の記憶が赤裸々に綴られる(笑)

や、どっちも本当なんだと思う。 

否応無くやらされることってさ、労働にしろ勉強にしろ、色々身についた、いい経験だった、でももうカンベンしてくれ…と思うもんねえw

DSC_1690.jpg

ところで、息子さん大きくなったね!

坊主頭で這いずりまわってた鋼イラスト集の頃からちょくちょく見てるんで、余所んちのお子さんがだんだん成長してるのを見ている近所のオバチャンの気持ち(笑)

作者ひとことは

「息子がミニトマトの成長観察をやってるのでお相伴にあずかってます。トマトおいしい」

ですって。

ふふふ。ほのぼの~。荒川先生の息子さんなら、きっと絵もお上手なんでしょうね!

荒川先生は夏休みの自由研究に野草の押し花とか作ったりしてたそう。

DSC_1692.jpg

……このコマ見て、荒川先生も少女の頃は可愛かったのね。とかすげえ失礼なことを思ってしまいましたごめんなさいごめんなさい平伏。

それで辞書で名前調べてまとめたりしてたそうだけど、でも結局花の名前は覚えられなくて知ってるのが菊(食用)とダマスクローズ(食用バラ)ってあたりがw

いや分かります。私も小学生の頃、星座とか凝ってたはずなのに、今じゃすっかり忘れちゃってるもんなあ~。

そうそう、アル戦アニメ見てて、これは荒川先生と違うねって所、いくつかあるけど。

そのうちの一つが、お城に飾られてるお花!!

エクバターナの王宮でもペシャワールの城塞でも、アニメでは大きな壷にお花がぎっしり入ってるのが、背景に描かれてる。

で!も!もちろん、荒川版では描かれてない。

てか、庭には当然花壇がある、とか、豪華さや高級感の表現記号として花を使う、という発想が無いのよね。そこが私には可笑しくって!

だって、4巻収録のカシャーン城、豪華な食卓と贅を凝らした邸宅で、立派な壷に高々と生けられてるの、葉っぱなんだよ!

ちょ、そこ、葉っぱですか?!いや確かに構図的に高さを生かした装飾が欲しいの分かるけど、でも、葉っぱ?!

ツッコミしちゃってごめんなさい。でもほんと可笑しくって。もうアニメだと背景に花が写ったとたん「ぷっ」って噴き出しちゃうレベル。ほんとごめん!(笑)

さてさて、百姓貴族の話に戻りまして。

夏休みはツーリング旅行のライダーさんが畑を手伝いに、という話。

DSC_1691.jpg

良い思い出のひとコマですが、ここに描かれてるのたぶん昼食だと思うんですが、おにぎり、トウモロコシ、冷や汁か何か、そしてその缶は……ビール

ビールだよね!写真だとつぶれちゃってるけど、BEEってロゴが見えて、そんで星っぽいの描かれてるもん、北海道で星マークの缶っつったらサッポロビール一択でしょう?!

昼間っからビール!うわーいいなあ!←オイ

肉体労働してメシ食いながらビールをカーッとやって、さて午後も働くか!って腰を上げる。

も、荒川先生の描く、憧れのかっこいい兄ちゃん(ムキムキ系)って、ここがルーツなんじゃーないんですか?!(笑)

そんなこんなで、今回もすごい楽しかった!

もう47話なんですね。あと3話で50話。あ、いつも充実の2月発売の号じゃないですか!オマケとか付くのかな?付けてほしいな♪

次回も楽しみにしています~v