読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

蝦夷農カマンベールチーズ

北海道の台風被害には心が痛みます…。が、今日は(私が)楽しい話題を。

 

銀の匙のサンデー掲載、すっごい嬉しい!

そして可笑しい!いつも以上に可笑しい!!!

そんな銀匙ファンはきっとご存知の、蝦夷農カマンベール!

十勝野フロマージュという工房が作ってて、他のさまざまなチーズとともに、十勝土産にもなっているそう。

でも本気のナチュラルチーズでどんどん熟成が進むのと、十勝野フロマージュさんがこれ!と決めた酪農家さんから仕入れた牛乳だけで作るから、生産量が少ない。

銀匙でも、あの多量の牛乳からたったこれだけ?!って描写がありましたよね。

なので、なかなか東京ではお目にかかれない。

    

そんな希少なチーズが、なんと今、都内唯一の北海道ナチュラルチーズ専門店「チーズのこえ」に入荷されています!

場所は清澄白河

どこじゃい、って感じですが、あのブルーボトルコーヒーの1号店のすぐそばです。

都現代美術館と清澄公園と下町散歩、みたいな感じで雑誌とかに取り上げられる、そんなとこ。(お店はすっごい分かりにくいので、行く方は必ずググってください)

 

十勝のチーズでパッケージが銀匙。

もちろん、それで十分に魅力的だけど。

でも、荒川弘成分が高ければ高いほどたぎる荒川弘ファンとしては、アニメ絵じゃあそこまで惹かれることはないのよね。

 

だが!

今回は!

もっっっのすごく!歓喜して!このチーズを!いただきました!!

   

なぜってそれは、このチーズの原料乳が「荒川弘先生ゆかりの地域で絞った」牛乳だから。

いやもう、十勝の方々はご存知なのかもだけど、私は知らなかったんですよ。

ゆかりの、って、ほんとに、ゆかりの……!

  

なお、帯広農業高校の生乳を原料にしたチーズは、ちゃんと別にあります。「若草のカマンベール」

うん。帯農は蝦夷農とは違うものね。

 

箱を開けると、即!チーズです。

ほんとに作って包んでそのまんまで売ってるんですねえ~。

 

中身はこんなん。

明治や雪印のカマンベールチーズとは全然違う、ああいう万人向けにふんわり作った味ではなくて、もっと「チーズ!」って味。美味しかったー!

ああ、吉野ちゃんの気分♪

ウマー!!!

   

 

賞味期限が短いので、売り切れる分しか仕入れてないっぽいです。

そして次回入荷は未定という!

(たくさん売れたらまた入荷してくれるんじゃないかという下心で、今これを書いてます(笑))

(でもそれも、牛乳が絞れたら、ですよね。どうか、できるだけ被害が少なくてすみますように……)

 

十勝の農家さんを、なるべくマージン挟まずに応援できて、自分も美味しくて幸せな、北海道ナチュラルチーズ専門店。

しかも今なら、たぎる銀匙愛を!溢れる荒川弘愛を!チーズひとつで堪能できちゃう!!

  

オススメです~~~!

  

 

(コメントありがとうございます!!お返事遅くてごめんなさい。また改めて!)