寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

三国志魂

サンデーにお休みもらって何やってんすか荒川先生!(爆笑)

やー1月にアマゾンでこれ見つけたときリアルで噴いちゃいましたよ。

去年秋の1ヶ月とった産休中に、遊びに来た杜康さんとおしゃべりが盛り上がって本になっちゃったんかいな?いやいやまさか、いちおうは週刊連載抱えてるんだしそれは無いか、とするとハガレン終わってやーれやれ、な去年の秋~冬くらいに始めたのかしらん…?なんて妄想してましたが、あとがきが今年の1月23日って、そんで「まだ原稿が終わってない」って、それって……やっぱサンデー休んで何してはるんですかー!(笑)

もー、先生、こんなん出してたら第三子のときはまたお休み取れなくなっちゃいますよ!いや、休むという文字は荒川家には無いのかもしれませんがそれにしたって。

うん、新人のとき厳しい職場にいると、つぶれるかむっちゃ伸びるかどっちかって聞くけど、スクエニはよく育ててくれました!元から頑健だったからな!

と、一流出版社小学館の看板少年雑誌の合間に、こんな同人誌出しちゃう荒川弘

そして弱小出版社を何だかんだで助けちゃう荒川弘

百姓貴族も知る人ぞ知るな1巻と、どどーんと宣伝な2巻の扱いの差がものすごくて、うわーハガレン銀の匙の効果ってすげえなあ、って思ってたけど、この三国志魂とゆー名のまるきり同人誌がマンガ大賞2012のポスター下で平積みになってるの見たときも、あーもーまったくもー、だから好きだよ荒川弘っ!って思っちゃいましたよう~(笑)

それもこれも、大手出版社とか弱小スタジオとか、メジャーとかマイナーとかに、イマイチ鈍い、田舎者な荒川弘。もちろん良く言えば、そういう世間のレッテル張りに左右されない地に足ついた荒川弘だからこそ。

さっぱりした気質、懐の深さ、あーんど、マンガ馬鹿な遊び心のなせる技。

同じ三国志友達と手がけた獣神演武は、下手に売ろうとして色々ダメになっちゃったけど、この同人誌は身の丈に合った内容で楽しんで読めました~v 

あ、ごめんウソです。全部は読んでないです。

でも、三国志が好きならすっごい笑えるんだろうなー!

そしてね。

一番ぐっと来たのは、とこうさんが全く漫画描いてないこと。

とこうさんだってプロの漫画家なのに、三国志好きなら荒川先生に一歩も引けをとらないのに、本が出るなら絵も描きたいと思うでしょうに、描いたら?と勧められるでしょうのに、描いてない。

この、荒川弘への敬意っつーか、身を引いてるところ。きっと自然体でニコニコしながら「私はいいよ~」っておっしゃったんだろうところ。

鋼の9年間を筆頭アシとして共に戦った戦友たる彼女の、人の良さにね。もうね。ぐっと来たよ!

あとさ!表紙のデジタル彩色があいやーぼーるさんなのね!

こんなところに友情出演!って気づいたときすっげ嬉しかった!!

いいなあ。プロが育む友情っていいなあ~v

広告を非表示にする