寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

銀の匙42

サンデーに百姓貴族の広告載ってた。

がんばれ新書館(笑)

荒川先生は、八軒の心の成長を、丁寧に丁寧に書いている。

スポーツもの、冒険ものだと、まずイベントがあって、その過程で登場人物が成長していくけど、銀の匙はテーマそのものが八軒の成長だから、イベントもぜんぶ、八軒の成長のため。

だからイベントも、次は全国大会!とか、敵がいきなり襲ってきた!とかそういう流れに任せられない。

作者が設定したイベントを作者が考えた順序に起こせる、それってきっと、型があるよりずっと難しい。

些細なイベントの、地味な話の積み重ね。

アニメでも、バトルより、日常動作のほうが動かすのむずかしいんだって。日常動作でキャラの内面や感情を描くのが、むずかしい。

うん、それ、分かるなあ。

こつこつ積み重ねて、時々ぱあっと、こういうコマがあるのが、いいよね。

あー。気持ちいい。

良いとこで切って、次号は休載。

3回掲載1回休み、に私も慣れてきたってことは、先生も慣れてきてるから、こうして18ページ×3でお話をひとまとまり、も計算してるんだろうなあ。

今週のひとことは、「総理大臣になったら何をしたい?」

先生は「総理参加の国会大乱闘。」

相変わらず血の気の多い(笑)

広告を非表示にする