読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

手塚治虫文化賞20周年記念MOOK マンガのDNA 買いました!

 

先月発売。書店によってはクリアファイルのおまけがついてきます。

私はおまけ無しで買ってしまい、おおう残念~って思ってたら、友人がくれた!ありがとうー!!!

  

荒川弘先生はこのイラストとコメントのみですし、作家さんによっては受賞作紹介ページだけもあるので、目当ての作家さんがいる方は、どの程度載ってるか確認してからのがいいかも?

私は、対談もインタビュー2つもすっごい良かったので、ちょう価値ありました!

  

あと、荒川弘先生は「手塚漫画を読んで育ってはいない」とおっしゃってましたが、ファースト手塚はアニメだったんですね~。

今思うとほんと、漫画連載しながらアニメ監督とコンテやる手塚治虫って、どんだけ超人なんでしょう!

わがままで負けず嫌いで付き合うと振り回されて大変なのにとても魅力があるとか、そういや宮崎駿と似てる(笑)

鈴木プロデューサーのインタビューも面白かった!

 

鳥嶋編集長のインタビューも興味深かった。

過剰な設定を削っていくのが編集者の仕事なのにそれが出来ていない。

とか、ほんとそう思う。別マガで始まったと思ったらすぐ終わっちゃう作品見てると。

作家が「描きたいもの」は既製品のコピー。編集者は作家と一緒に「描けるもの」を見つけないといけない。

とかも、すごく頷いた。

 

荒川先生はコメントで、「手塚キャラの無駄の無い確実な線というものを見せつけられ」とおっしゃっていて、そうか、線か!と思いました。

荒川先生のことは、ストーリーテラーでコマ割り・視線移動の人、と、つい思ってしまうんだけど、やっぱり絵描きなんだなあ、と。

 

この表紙絵、ほんとに良い絵と思う。

先生、いいお仕事できて良かったです!