寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

銀の匙

週刊少年サンデーで連載中の「銀の匙SilverSpoon」。

先週めでたく夏の巻が完結しました!

またも単行本の途中でお話が完結なものですんで(4巻収録になると思う)、この充実感は雑誌で読んでこそですよ!と幸せ気分に浸っておりますv


さて、じきに出るであろう3巻には、扉絵にどーんと、校長室に掲げるエゾノーの校訓

「勤労 共同 理不尽」

ってーのがあります。


理不尽w ちょw 

あの名作・鋼の錬金術師のヒロイン、ウィンリィの名セリフ「理不尽を許してはいないのよ!」の、アレを、ここでギャグにしますか荒川先生!

って、すっげ笑った!


んだけどね。

夏の巻の、最後のコマがまた、校長室の校訓なの。

理不尽。

そうか。

酪農という、育てて食うという理不尽。かわいいけど美味しいという理不尽。

それとどう向き合うか。

酪農に、進路に、人生に、人間に内包する理不尽と、どう折り合いをつけ、あるいは、着けられず不器用に考え続けるか。

それが、この、校訓なんだ。


と、なんつーか、そうゆーことが、じわわわ~って、分かったんですよ。


そんで、もう、銀の匙が、ものごっつー好きになりました!!!

もちろん、今までだって大好き!

でも好きポイント見っけてもっと好きになった!

あーうれしいな、満足だな。手作りのしみじみ美味しい味噌汁を飲んでは~ってため息つくときみたいな満足。

それが銀の匙


理不尽を許さない強さの、鋼の錬金術師

理不尽に向き合う粘りを描く、銀の匙


人間はゆっくり成長する、っていう、柱のアオリがとてもいい。



そんでもさ、そんでもだよ?

校訓に「理不尽」って、やっぱそれおかしいよ!可笑しいってば!(笑)


広告を非表示にする