読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝言は寝てから

荒川弘ファンのてきとうなおしゃべり。

「鋼の錬金術師」実写映画化!「ありえないことはありえない」

「鋼の錬金術師」実写映画化!エド役は山田涼介、2017年冬に公開コミックナタリー


まさかサイゾーの記事がマジだったとは!

これぞ「ありえないことはありえない」!


映画化って、「あのキャラは誰がやるの?!」って話題になるの狙って、もったいぶりながら順次キャスト発表して盛り上げるのが常套なのに、こんな泥縄で発表ってあたり、すでにクソ映画の臭いしかしないw


プロデューサーは濱名一哉氏。てことはTBS・ワーナー系ですね。

手がけた映画は、「こち亀(実写)」「ルパン三世(実写)」等など。

……うん!そっちだね!w

や、図書館戦争とか成功してるのもありますけどね!


荒川弘先生のコメントが、カモン!歓迎!なのは予想通りだけど(先生メディア化にすごい寛容だからね)、意外だったのは曽利文彦監督のコメント。ピンポン以来の「自らが立ち上げた作品」。へっ?そうなの?

企画がプロデューサーだと期待値0%だけど(だってお金の臭いしかしないし)、監督が企画したのなら、期待値が5%くらいには上がるな!(笑)


まあ、たぶんクソ映画。きっとクソ映画。

でも超嬉しい!大歓迎!


だって当然じゃん?前売りに荒川先生のイラストとかつくかもじゃん?パンフに荒川先生のミニ漫画が載るじゃん?もしかしたら荒川先生がハガレン番外編を描いてくれるかもしれんじゃん?!

私にとってぜったい嬉しいことばっかりじゃん!!!


わーいわーい!

楽しみです!ぜったい観に行きますーーー!!